給付金10万円申請について

給付金10万円 いつから支給されるのか?

新型コロナウイルス感染症に関する支援策の一つとして特別定額給付金が挙げられます。

しかし、いつから受給できるのか把握していない人が多く見受けられます。

こちらは30万円を臨時に支給する「生活支援臨時給付金」に変わるものであり、紆余曲折を経て生まれた制度であるため、時期に感じては混乱が生じているのが実情です。

補正予算案が成立したのは2020年2年4月30日であるため、諸外国の支援制度と比べて決して早いとはいえません

決定後はスピード感のある配布が期待されていましたが、それも滞り気味となっています。

申請自体は5月1日ごろから開始している自治体も存在しますが、5月中旬を過ぎても申し込み用紙の発送を行っていない自治体も多いです。

処理するシステムが整っていないということで、給付の実施に見通しが立たないという自治体も見受けられます。

このように給付の時期は自治体によって異なるので、ホームページなどに告知がない場合は問い合わせるしかありません。

給付金10万円 使い道について

10万円の使い道に厳しい制約は設けられていません。そのため使い道は人や世帯によって異なりますが、打撃を受けた家計の補てんに使うのが一般的です。

食費をはじめとした生活費にあてるケースが多く、マスクやアルコール消毒液など医療グッズの購入費に使う人もたくさんいる見通しです。

このように直近の問題にアプローチするケースが目立つ一方で、見据えた使い方をする人も少なくありません。

新型コロナウイルスの蔓延により、日本の経済はこれまでにない深刻な状況になりました。持続化給付金をはじめとして事業者を支援する制度が多く打ち出されています。

しかし、以前と同じ水準まで経済が回復させるには、数年かかると考えられているのです。したがって10万円をもらったら、不安定な情勢を乗り切るために貯金をする人も多いでしょう。

勤務先が零細企業や中小企業であれば、いつ解雇されてもおかしくな状況が続くかもしれません。

その保険として貯めておくのは不思議なことではありません。

給付金10万円 オンライン申請のやり方

特別定額給付金の申請は郵送による方法以外に、インターネットを使う方法でも行えます。

後者はポータルにログインして実施しますが、最初に注意を要するポイントがあります。

世帯主しか申し込めないということであり、本人が申請者としてマイナンバーカードを用意しなければなりません。

ただし世帯主は自分以外も含めて、世帯全員分をまとめて申請できます。

世帯主に限定されていることはデメリットですが、マイナンバーカードを所有していない家族の申請も行えることはメリットです。

マイナンバーカードを持っていない世帯主は、まずはそちらの発行を依頼しなければなりません。申し込んでから1カ月ほどかかる点に注意しましょう。

また、それだけでなく、マイナンバーカードを読み取るための装置も必要になります。その仕組みが備わっているスマートフォンかパソコンを持っていることが条件です。

パソコンの場合はICリーダーを後付けするという方法があります。

給付金10万円 コールセンターが設置されています

コールセンターが設置されているので、不明な点があれば問い合わせると良いでしょう。

平日の午前9時から午後18時30分まで営業しています。疑問を感じて電話をかけてくる人が殺到している状況です。

自分がもらえるかどうか確かめる人や生活保護との関連性を問う人など、質問にはさまざまパターンがあります。

よくある質問に関してはホームページを事前にチェックすると良いでしょう。

しかし、日本の世帯のあり方は多様化しているため、特定の世帯にしか該当しない疑問も多くなっています。

したがって、類似の問題が見つけられない可能性も高く、その場合はコールセンターだけが頼りになります。

たとえば、世帯主がDV加害者で隔離中というようなケースも見受けられます。ですから、疑問に感じることがあれば、独断による勘違いを防ぐためにも問い合わせをするのが無難です。

コールセンターは総務省が設置したものなので、どこに質問するよりも正確な回答を得られます。

給付金10万円 所得制限について

特別定額給付金には所得制限が設けられていません。この前進となる給付金には所得制限がありましたし、他の助成金や補助金にも設けられていることが多いです。

しかし、こちらは住民票をベースとして一律に配布する仕組みになっており、所得が0円でも800万円でももらえるのは10万円です。

課税対象に含まないことが名言されているため、この10万円を受け取っても翌年納める税金が高くなることはありません。

給与がダウンしていない公務員なども受け取れるため、不公平という声がたくさん上がっているのが実情です。受け取りを辞退する方法もありますが、どれだけの人がその選択をするのかは未知数となっています。

ですから、年末や確定申告の時期に裕福な層から回収するという案も出ています。

とはいえ、回収には多額の費用がかかるので実現は難しいというのが大方の予想です。

したがって現状では、所得による区別や制限を一切考慮しなくてよい給付金として扱われています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする