コロナウイルス予防対策について

コロナウイルス予防について

コロナウイルス予防対策として考えておきたいのは、まず人と人の接触を避けることです。

例えば、会社に通勤する場合でも可能な限り人との接触を避けるべく通勤時間帯などを考える必要があります。

会社によっては、柔軟に対応してくれるところもあり混雑が予想される時間をさけての出勤が可能になりつつあります。

この場合には、あえて通勤時間帯から外れた時間帯に出勤し、可能な限り人と接触しないように注意が必要です。

列車やバスに乗る場合には、つり革につかまる人がいますが可能な限りつり革に捕まらずに移動することが必要になります。

ただし、つり革につかまらなければならないと判断した場合にはつり革につかまり、その後消毒をすることが必要です。

とは言えバスや電車の中に備え付けの消毒はありませんので、自分のカバンの中に消毒を持ち歩いて定期的につり革に捕まった手を拭くようにするべきです。

それ以外でも、マスクをすることで大幅にコロナウィルスの感染を予防することが可能になります。

コロナウイルス予防のヒント

コロナウイルス予防のヒントとして知っておきたいことの1つは、ソーシャルディスタンスになります。

これは、従来と異なり人と人との距離を2メートル以上とることを意味しています。

1メートル以上の距離をとることで、100%感染を防止することができないまでも、高い確率で感染を防止することが可能です。例えばスーパーや薬局のレジの前に並ぶときには、前の人との距離を2メートルほど開けることで、自分自身がコロナウィルスに感染することを極力防ぐことが可能です。

また、仮に無症状の感染が自分自身に出ていた場合でも、周りの人に感染させることを防ぐことができます。

コロナウイルス予防のヒントの2つ目は、マスクの仕方になります。

日本でも街中で見かける人の多くはマスクをしています。

しかし、マスクも正しい装着の仕方をしなければ意味がありません。

完全に鼻の部分を隠すことが重要です。マスクの装着や脱着の時は、ひもの部分を触るようにしましょう。

コロナウイルス予防食べ物

WHOはコロナウイルス予防の食べ物として、可能な限り加工されていない食品を口にするべきとしています。

加工されていない食品は、身体の免疫力を上げることができるため感染力を抑える働きがあるわけです。

例えば、肉を食べたい場合でもハムなどの加工食品を口にするのではなくそのまま肉を煮込むか焼いて食べた方が、コロナウイルス予防に適しています。

バランス良い食事を心がけることも、コロナウイルス予防対策に重要なことの1つです。

例えば、現代人は野菜不足に陥っている人が多いですが、ご飯や麺類などの炭水化物や肉をはじめとするタンパク質を食べる反面、野菜をよく口にすることでバランスの良い身体を作り上げることができて、結果的に免疫力を上げることになるでしょう。

発酵食品を摂取することも感染予防には必要なことです。日本食で言えば、味噌や納豆は発酵食品の1つとして知られており、これを定期的に食べることで感染を予防することが可能になります。

コロナウイルス予防薬

コロナウイルスの治療薬は完成していませんが、予防薬と言われるものは既に発売されています。

基本的にコロナウイルスの感染予防をするために必要な事は、免疫力を高めることです。

人間の身体の免疫力を高めるためには、バランスの良い栄養が必要になるでしょう。

特に現代人の身体に不足しているのが食物繊維になります。食物繊維が含まれている薬はいくつかありますが、比較的身近に手に入れることができるものとして便秘薬があります。

便秘の原因はいくつかありますが、概ね食物繊維が不足しているとなりやすいと言われています。
また体の免疫力を活性化させるためには、ビタミン全般を摂取した方が良いです。

ビタミンを摂取する場合には、総合風邪薬等を飲むことで目的を達成することが可能になります。

ただ総合風邪薬の多くは睡眠薬が含まれているため、毎日服用するのは危険と言えるでしょう。もし服用するならば、栄養バランスが取れていないと判断したときに服用するのが良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする