ホットケーキミックスアレンジレシピについて

ホットケーキミックスアレンジ

ホットケーキミックスはアレンジがきくので、常に買い置きをしています。

スイーツにもなりますし、食事としても成立します。普通に焼いてホットケーキにするのももちろん好きですが、私がいちばん気に入っている食べ方はクレープです。

薄い生地を作るので火がはやく通って出来上がりもスピーディーですし、果物や野菜や生クリームやジャムやチョコレートや肉や魚や卵やマヨネーズやケチャップなど、合わない食材が無いと言っても過言ではないほど様々な食べ方が出来ます。

私は食事として食べることが多く、野菜サラダを巻いたりアンチョビやチキンやツナを加えて塩気を出したりする食べ方が好きです。可能性は無限大なので、様々な食べ方を模索しています。

ホットケーキミックスはとにかく万能で、クッキーも簡単に作ることが出来ます。

牛乳と卵を入れて混ぜて焼くというのがホットケーキミックスの一般的な使い方ですが、クッキーを作る時は牛乳を入れずに卵とサラダ油のみを混ぜて生地をつくります。

しっかりと混ぜて硬めの生地を作ったら、オーブンの天板にクッキングシートを敷いて型抜きした生地を満遍なく並べます。180度で5~10分くらい焼けば出来上がりです。

焦げないように注意深く見守り、必要に応じてアルミホイルをかけたりします。

型抜きがクッキー作りの醍醐味ですが、私の場合は素朴さや質素さや家庭的な雰囲気を出したいので、あえて綺麗に型抜きせず適当に大きさを揃えています。

ホットケーキミックスの定番のレシピと言えば、油で揚げて作るドーナツです。

真ん中に穴があいているいわゆるドーナツの形にして揚げるのは至難の業なので、私の場合は丸めてサーターアンダギーのような雰囲気にして作っています。

おすすめのレシピは、揚げたての生地を黄な粉や黒ごまや粉砂糖やココナッツをまぶしたり、表面にチョコレートをコーティングさせるという方法です。

粉砂糖やチョコレートを加えるとかなり甘くなりますし、ドーナツは油と小麦粉の塊で糖質と脂質がたっぷりと含まれているので、ダイエット中は食べるのを我慢しています。

仕事で疲れている時やストレスが溜まっている時に、自分へのご褒美として食べることが多いです。

パウンドケーキの作り方は様々ですが、私の場合はホットケーキミックスと炊飯器で作っています。炊飯器はご飯を炊くだけではなく、パウンドケーキも作ることが出来ます。

私のお気に入りのレシピは、ホットケーキミックスに牛乳を混ぜるのではなくヨーグルトを混ぜるというものです

牛乳よりも生地がしっとりとして食感がモチモチになるので、美味しく感じます。

ドライフルーツや甘く煮込んだ林檎のコンポートなどを混ぜて焼いても美味しいですが、私はプレーンの状態で焼いて後から生クリームを加えるというベーシックな食べ方が気に入っています。

私は和食が好きで毎日ご飯を炊くので、パウンドケーキを焼きたくても焼けない時があります。そんな時のために、パウンドケーキ用に新しく炊飯器を購入しました。

ホットケーキミックスでクレープを作る

レシピについてですが、粉に混ぜる牛乳の量を普段の倍くらいにして緩めの水っぽい液を作ります。

私は液を広げて満遍なく均一に伸ばすのが苦手なので、家にあるいちばん大きいフライパンを用意して油を敷くような感覚で液を伸ばしています。

生地の中にサラダ油を入れるので、フライパンに液を流し込む際は油を敷きません。最初はホットプレートを用いて焼いていましたが、効率性や迅速性や確実性を重視してフライパンを使用するようになりました。

テクニック要らずで薄くてキメの整った生地を焼くことが出来ますし、後片付けもかなり楽です。私のお気に入りの食べ方は、生クリームとバナナのスイーツ系、ツナマヨネーズと野菜の食事系を交互に食べるという方法です。